相談のご案内

カウンセリングQ&A

Q:夫が依存症かと思われるのですが、本人は今のところ治療や相談に行く気がありません。やはり本人が相談に行かなければどうにもならないでしょうか?

A:

アルコール・ギャンブルなど依存症の問題は、本人よりも家族など身近な人の方が先に困ってしまうことが多いものです。本人が相談に行く気持ちがない 時に無理やり引っぱって行ってもかえって逆効果になってしまうこともあります。家族向けのプログラムも充実していますので、まずは困っている家族の方にご 相談に来ていただいた方が問題解決への早道となります。

Q:どのくらいの頻度で通うことになりますか?

A:

お1人お1人のご相談内容や状況によって異なりますが、はじめのうちは週1回~2週に1回程度通っていただく場合が多いでしょう。

Q:回復にはどのくらいの期間がかかりますか?

A:

これもその方によっては2~3回で問題解決することもありますが、嗜癖(依存症)は長年の習慣から形成されてきたものですので、その回復にはやはり長期的な取り組みが必要だとはじめに理解しておいてください。

Q:電話やメールでの相談はしていますか?

A:

相談室では対面相談を基本にしていますので、原則として電話やメールでのご相談は受けておりません。ただし、遠方の方など特別な事情のある場合には電話による面接を行っていますが、その場合も初回面接には来室していただいてお話をうかがいます。

Q:相談室では薬の処方もしてもらえますか?

A:

医療機関ではないので薬の処方はしていません。また健康保険もきかないのでご了承ください。ただ医療が必要と思われる場合は、適切な医療機関を紹介させていただくこともあります。

Q:現在心療内科に通院していますが、相談室でカウンセリングも受けてみたいと思っています。どうしたらよいでしょうか?

A:

現在医療機関(精神科・心療内科)に通院中の場合には、主治医の先生にその旨を伝えていただき了承を得た上で、診療情報提供書(紹介状)をもらって きていただくようお願いしています。それは必要な時に連携をとってサポートできることがクライエント(ユーザー)の方にとって安全と考えるからです。

Q:なかなか人に話しにくい内容なんですけど、プライバシーは守ってもらえるのでしょうか?

A:

もちろんです。私たちは職業的に守秘義務を負っていますので、たとえご家族であってもクライエント(ユーザー)の方の許可なくお聞きした話の内容を勝手に漏らすことは原則としてありませんのでご安心ください。

ご案内

遠藤嗜癖問題相談室 Endo Counseling Room on Addiction Problems

〒150-0032
東京都渋谷区鶯谷町15-7
ライブリーYSビル302
TEL 03-5458-1985
FAX 03-5458-1986

ご相談受付時間
月~金 9:30~20:30
土曜日 9:30~16:30
定休日 日曜日・祝日