アディクション・家族のためのカウンセリングルーム

アクセス

初回オンライン予約

CLOSE

遠藤嗜癖問題相談室は、1992年開設以来、アディクション(嗜癖)問題・依存症を中心に、 こころと人間関係の悩みをお持ちの方及びご家族のためのカウンセリングを行っている相談機関です。 ご相談には、臨床経験豊かな精神保健福祉士・社会福祉士・臨床心理士が対応いたします。

遠藤嗜癖問題相談室 25年の歩み

お知らせ

過去一覧

2024/06/18

スタッフからの一言を更新しました。

2024/04/02

都合により、4月5日(金)は終日電話受付ができません。ご了承下さい。

オンラインカウンセリング

  • ご家庭の状況で外出が難しい方
  • 遠方よりご相談ご希望の方
  • 子育て相談をしたいがで来室でのご相談の難しい方

このような方はオンラインカウンセリングをご利用ください お申込みについては オンラインカウンセリングの流れをご覧ください

相談室の基本方針

  • 個別カウンセリング・家族カウンセリング・グループカウンセリング・心理教育プログラム・個人SST等をご希望に合わせて実施します。
  • アディクション問題についてはリダクション(減少)支援も行っています。
  • 当相談室は一般社団法人日本臨床心理士会「臨床心理士に出会うには」掲載機関です。
  • 当相談室は日本社会福祉士会「独立型社会福祉士名簿」登録機関です。
  • 医療やリハビリテーション機関と連携してご利用いただけます。

スタッフからの一言

うちのベランダにはブルーベリーの木があります。

ベランダには、冬の終わりから春先にかけてムクドリがやって来ます。赤くなったイチゴの赤い部分だけを食べていくので、なんとも悲しくなり網をかけてイチゴを守るようになりました。

ついでに、ブルーベリーの方にも網をかけてみたところ、今まで数粒しか取れなかったブルーベリーが、倍増して取れるようになりました。網をかけているので、ひんぱんに摘み取らず、いくつ粒か実ってきたところで網をはがして取るという面倒くさい作業なのですが、そのせいで実が良く熟してから数粒まとめて取ることになり、ゆっくりと木で熟したブルーベリーは例年になく甘く美味しいのです。たくさんではないのですが甘いブルーベリーが楽しみになりました。

こうなると一粒でも多く食べたい野心がムクムクわき、鳥に渡してなるものかと、舌切り雀のおばあさんの気持ちがちょっとわかる、この頃です。

                                   小林

           

灯り~利用者から~

故郷 ~ 卒業生から  K・M

 長くお世話になった相談室を、近況報告を兼ねて、数年ぶりに訪れた。 私が相談室を利用し始めた頃は、ACと言う言葉も、理解も今とは比べ物にならないほど進んでいなかった。その中で、傷ついた私にけん命に寄り添い、尽力頂いた山本室長をはじめとするスタッフの方々には心から感謝している。

 卒業して8年、久しぶりに相談室を訪ね、改めて私にとってここは安心してありのままの自分でいられる心の故郷であり、そんな居場所を持てたことはかけがえのない財産であると実感した。

 これからも、この相談室が、誰にとってもいつでも帰って来られる心の故郷であり続けることを心から願っている。