img_mainvisual_001 遠藤嗜癖問題相談室は、1992年開設以来、アディクション(嗜癖)問題・依存症を中心に、 こころと人間関係の悩みをお持ちの方及びご家族のためのカウンセリングを行っている相談機関です。 ご相談には、臨床経験豊かな精神保健福祉士・社会福祉士・臨床心理士が対応いたします。

お知らせ

2018/02/06

「スタッフからの一言」を更新しました。

2017/12/26

「灯り~利用者から~」「スタッフからの一言」を更新しました。

2017/12/16

【年末年始の業務日程のお知らせ】            年内のカウンセリングは12月29日15時まで、電話受付は16時半までとなります。冬季休業は、12月30日~1月5日までです。1月6日からは、通常業務となります。

2017/11/21

【業務時間のお知らせ】   11月24日(金)は、都合により業務時間が17時まで、電話の受付時間が16:30までとなります。どうぞよろしくお願いします。

2017/11/14

「スタッフからの一言」を更新しました。

2017/09/11

「スタッフからのひと言」を更新しました。

2017/08/09

相談援助職の面接技術セミナーは、ご好評につき申し込みが定員まで達しましたので締切とさせていただきました。お申込み・お問い合わせをありがとうございました。

2017/07/20

【業務時間のお知らせ】   7月26日(水)27日(木)8月1日(火)は、都合により業務時間が17時まで、電話の受付時間が16:30までとなります。どうぞよろしくお願いします。

2017/07/18

専門家向け研修「相談援助職の面接技術セミナー」を今年度も実施します。

詳しくは、「研修のご案内」のページをご覧下さい。申込書のダウンロードもできます。

2017/05/31

【酒害教室】        北区 お酒の問題 お助け塾  「回復とはどのようなものか」   講師:藤本隆幸  身近な人の飲酒について困っている方が対象の、お酒の問題の考え方や対応についてのお話です。            日時:H29年6月7日(水)14:00~16:00        場所:北区保健所

このようなご相談に応じてます

・嗜癖(アディクション)
・依存症
・摂食障害
・思春期の問題
・対人関係が上手くいかない
・生きにくさを感じる

・育児、介護に困難を感じる
・DV被害を受けている
・職場不適応
・PTSD症状
・DV加害をやめたい
・家族との関係

相談をお考えの方はこちら

スタッフからひと言

東京では珍しく大雪が降った日、夕食はおでんにしました。胃腸が温泉につかった気分を味わい、おこたにあたりながら半纏をはおります。こういう日は季節感を楽しむ気分が大事。おこたも半纏も今はあまり見かけませんが、私はエアコンよりも好きです。

 一方で出勤にはふつうに雨用パンプスといつものコートで出掛け、雪支度はしませんでした。家から相談室まで電車で小1時間あるのに、屋外を歩くのは12,3分だけ。そのためだけにスノーシューズを買う気になれず、出勤はなるべくいつも通りに。雪へは天候に合わせるのでなく、気分に合わせて対応します。

ところが渋谷はどこの会社も早帰りで人々の帰宅時間が重なったため、大混乱になりました。雪の日一番困るのはインフラの機能不全とそれに惑う群衆という、個人ではなんともしようがないことなのでした。今年はあと何回降るでしょうか。

山本

 

灯り ~利用者から~

利用者のエッセイ

※画像をクリックすると大きく表示されます

相談室の基本方針

個別面接・教育プログラム・グループカウンセリングを3本柱にしています。(その他、必要に応じて夫婦・親子・家族の家族療法も行っています。)

家族システム論、アディクションアプローチ、精神保健福祉をベースにした援助を行っています。

医療機関、自助グループ、市民団体など関連機関とのつながりを大切にしています。

201005253-thumb-185xauto-40

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ご案内

遠藤嗜癖問題相談室 Endo Counseling Room on Addiction Problems

〒150-0032
東京都渋谷区鶯谷町15-7
ライブリーYSビル302
TEL 03-5458-1985
FAX 03-5458-1986

ご相談受付時間
月~金 9:30~20:30
土曜日 9:30~16:30
定休日 日曜日・祝日