アディクション・家族のためのカウンセリングルーム

アクセス

初回オンライン予約

CLOSE

遠藤嗜癖問題相談室は、1992年開設以来、アディクション(嗜癖)問題・依存症を中心に、 こころと人間関係の悩みをお持ちの方及びご家族のためのカウンセリングを行っている相談機関です。 ご相談には、臨床経験豊かな精神保健福祉士・社会福祉士・臨床心理士が対応いたします。

遠藤嗜癖問題相談室 25年の歩み

お知らせ

過去一覧

2019/02/19

【業務時間のお知らせ】

2月22日(金)は、都合により業務時間が17時まで、電話の受付時間が16:30までとなります。

どうぞよろしくお願いします。

2019/02/05

「スタッフからの一言」を更新しました。

相談室の基本方針

  • 個別カウンセリング・家族カウンセリング・グループカウンセリング・心理教育プログラム・個人SST等をご希望に合わせて実施します。
  • アディクション問題についてはリダクション(減少)支援も行っています。
  • 当相談室は一般社団法人日本臨床心理士会「臨床心理士に出会うには」掲載機関です。
  • 当相談室は日本社会福祉士会「独立型社会福祉士名簿」登録機関です。
  • 医療やリハビリテーション機関と連携してご利用いただけます。

スタッフからの一言

新しい年も月が替わりました。

カレンダーは二枚目ですね。節分・立春を迎えて暦の上では春が来ました。

現実の生活ではまだまだ寒いですけれど、陽射しは確実に延びて明るく強くなっているのを感じます。

そして冬枯れでスカスカになった木立の梢には、もう芽吹く準備の整った硬い芽たちが控えているのが見られます。

後に続く春の出番が待ち遠しいですね。

 

この季節、受験シーズンだったり、風邪が流行ったり、年度末で多忙だったりと、ストレスも高い時期ではありますが、時おり自分にも休息やご褒美を上げましょう。

そうすることで私も周りの人達に少しは優しくできるかも知れないなと、思っています。

寒さもあとひと月です。がんばって乗り切りましょう。

 

石井裕子

灯り~利用者から~